• rieko6

自ら考え、仲間と協力する子供を育てる遊学」

コンテンツ


国の2020年の教育改革は、小学校からではなく、幼児期も範囲に含まれています。社会の急速な変化は、主体的に問題を解決していく力をもとめています。

「遊学(あそびが学び)」をテーマに作られている“なかむらmethod“は、3歳から低学年までのこどもの潜在能力を引き出し、非認知スキルを高めます。

自分で考えたり、工夫する力をつけるのです。 従来の体育教室は特定の技のスキルを高めますが、 遊学は、心のIQを育みます。粘り強く仲間と協力して取り組む力や姿勢がついていきます。

幼少期に身につけたい36の動き(基本動作)をベースに、発達段階に応じた遊びを通じてこどもたちのしなやかで強い「からだ」と「こころ」と「あたま」を育てるのです。

43回の閲覧

©  2014 Every.LLC